採用担当者からのメッセージ

就職とは自分の夢、やりたい事、希望に満ちた時です。新しい環境で新しいスキルを吸収する。
そんな希望を持って皆さんは就職活動をしていると思います。
我々丸一海運は、あなたの人生をプラスにするチャンスとステージを提供することができます。
丸一海運にはお客様と社員の夢の実現をお手伝いできるフィールドがあります。
また、社員の力を思う存分発揮できる場所だと思います。
皆さんの夢と目標を実現できるわが社で一緒に働きましょう。​

先輩社員インタビュー

INTERVIEW

化学品業界のサプライチェーンを実感
様々なお客様との関わり合い

営業部CSグループ 輸出チーム
伊藤 克弥
丸一に就職して良かったことは?
業務的な分野においては、貿易に必要な英語力だけでなく、危険品の取扱いといった専門知識を肌で感じながら日々学ぶことができることです。
又、社歴が浅いため不明な点が多いのですが、周りに頼りになる先輩方が多く問題解決の方法を提示していただけるだけでなく、そこに付随する疑問点や改善点等を実際の経験談を交えながら指導していただけるため、基礎が理解でき成長につながっていると感じます。部門等を問わず良い先輩方や職場環境に恵まれ、丸一海運に就職して本当に良かったと思います。
仕事のやりがい・面白みは?
危険品の輸送においては、様々な遵守義務のある法令があり、依頼を受けた危険品情報を繰り返し確認し慎重に手続きを進めており、輸出案件が完遂したときの達成感はひとしおです。 そのため化学品業界のサプライチェーンの流れを実感しながらも、様々なお客様との関わり 合いがあるこの仕事は面白いなと感じています。
INTERVIEW

海外との広いつながりも感じられ
ワクワクとした気持ちに

営業部CSグループ 輸出チーム
村田 凪沙
丸一に就職して良かったことは?
さまざまな人と関わりながら仕事をする、ということを体感しながら仕事ができることです。お客様や、他部署の方などももちろんですが、同じ部署内の方と仕事のなかで分からないことがあるときなどは相談をしたり、協力しながら仕事を進めることができ、経験がまだ少なくてもしっかりと仕事に取り組める環境だと思います。
仕事のやりがい・面白みは?
自分が携わった仕事がいろいろな繋がりを持っていることです。お客様から輸出のご依頼をいただく貨物の中には、私たちの日常生活でもよく使われる日用品や、その原料となるものがあります。コンテナ船やコンテナは私たちの生活とはあまり関わりのないもののように思えますが、その中身は普段の生活と繋がったものだと気付いたときに、この仕事の重要な役割を感じました。また、この貨物はこんな国、あんな国にまで運ばれていくのだという海外との広いつながりも感じられ、ワクワクとした気持ちになれるときに面白みを感じます。
INTERVIEW

取扱いの難しい化学品に特化し
業界での存在感が大きい。

営業部 CSグループ 輸入チーム
林 健史
丸一に就職して良かったことは?
専門性の高さと伝統を継承している点。職場の結束力の強さも魅力です。上司や後輩を見ていて感じますが、その強い連帯感が仕事に優位につながっています。例えばお客様から、こういうことはできないか?これはどうだろう?と相談をいただいた際に、自分が答えられなくても別の部署の同期に気軽に相談できる環境も安心感があります。会社の規模もあると思いますが、こうした風通しのよさも魅力です。
仕事のやりがい・面白みは?
お客様の大切なお荷物を安全に届けられた時に達成感を感じ、やりがいを感じています。
もちろん仕事は私一人でできるものではありません。職場の同僚(連携する書類作成部門や通関、倉庫部門等)、お取引先のドライバーの方達、海外現地法人のスタッフ様等、様々な人達が関わって達成できるものです。だからこそ、苦労した末に、お荷物が無事お客様のお手元に届いたことを確認できた時は嬉しいですし、関わった人達に感謝の気持ちもわいてきます。日常生活では味わえないことが、この仕事を通じて感じられます。
INTERVIEW

倉庫や他部署、運送会社と連携・協力
一件一件の仕事にやりがい

営業部CSグループ 港運
田村 昂士
丸一に就職して良かったことは?
丸一海運は十分な研修期間と諸先輩方による丁寧な指導があります。職場での人間関係が非常に良く、何か問題が起きた時や、わからないことがあれば親身になって相談に乗ってくれる先輩や上司の方々がたくさんいるので、十分に仕事を理解する事ができます。その上で仕事をどんどん任せていただけるので、自分自身の成長に繋げることができ、日々の仕事にやりがいや、責任感を持つことができます。
仕事のやりがい・面白みは?
最初、配属されたばかりの時はわからないことがたくさんあり、不安や戸惑いもありましたが、少しずつ仕事を知っていき、どんどん仕事を覚えていくことがとても楽しく思え、成長を実感できました。そして仕事に対する気持ちも前向きになりました。倉庫や他部署、運送会社の方々と連携をとり、協力して仕事を進めることで、一件一件の仕事にとてもやりがいを感じる事が出来ます。また、町でトレーラーで運ばれているコンテナを見かけた時、自分の仕事の一片を見た気持ちになり、とても誇らしい気持ちになります。
INTERVIEW

『縁の下の力持ち』として
日本の貿易拡大にも貢献。

業務部 通関課
竹田 和紀
丸一に就職して良かったことは?
一つは、若いうちから色々な仕事を任せてもらえることです。とは言っても、わからないことがあれば何でも教えてもらえるので実際の業務をしながら仕事を覚えられ、早い段階から責任ある仕事を任せてもらえる分どんどん成長できると思います。もう一つは、会社全体が非常に勤勉であることです。資格取得を奨励しており社内勉強会も活発で社外のセミナー等にも積極的に参加できます。私も社内の雰囲気に触発され、危険物取扱者や毒物劇物取扱責任者などの資格を取得することができました。やる気さえあれば多くのことを学ぶことができる環境だと思います。
仕事のやりがい・面白みは?
官公庁の許可や届出が必要、含有量や用途により規制対象となる等、化学品取扱に必要な知識は多岐にわたります。この手続きをせずに通関すると重大な法令違反となり、お客様が大変な損害を被る恐れがあり、あってはならないことです。課内での勉強会やミーティングを頻繁に行うとともに、個人でも常に勉強し精進しています。こうした専門性を高めていけることが面白みの一つです。
また、私達の仕事は一見すると地味ですが、一般的に難しいとされる化学品の通関手続きを適正かつスムーズに行うことでお客様に安心してお取引いただき、『縁の下の力持ち』として日本の貿易拡大にも貢献できているのかなと自負しています。化学品による便利な生活、技術革新の一翼を担っていると感じられることに大きなやりがいを感じています。
INTERVIEW

お客様の大切な書類や貨物を取り扱う
専門知識を深め、化学品産業を支える

業務部 通関課
豊口 真規
丸一に就職して良かったことは?
まず職場がアットホームな雰囲気であるところです。まだまだ仕事で分からないことが多いですが、上司や先輩方は丁寧に対応して下さりとても助かっています。その分自分も成長していこうというモチベーションを維持することにつながっています。また仕事、ミーティング、勉強会等を通して実務について学ぶことができるのも良いところです。その結果、通関士試験で対策が難しいといわれる通関実務を乗り切ることができ、通関士資格を取得できました。まだまだ学ぶことは多いですが、そのための環境は整っていると思います。
仕事のやりがい・面白みは?
南港税関の仕事では検査が無事に終わり、許可があがったときにやりがいを感じます。それは事務所での仕事とは別の側面から化学品の流通に貢献できているのかなと感じられるためです。また税関検査の目的の一つに社会悪物品の水際取締りがあり、それに協力できていると感じられることにもやりがいを感じます。入社前は通関の仕事は事務所での仕事ばかりだというイメージがありましたが、税関に出向くことで事務所では分からない税関の状況を知ることができる面白みがあります。また事務所の仕事では専門知識を深めていくことができ、それにより化学品産業を支えられることにやりがいを感じます。どちらの仕事においても「縁の下の力持ち」として仕事をしたいという当初の想いを実現できているところがやりがいにつながっています。
INTERVIEW

一人一人が力を発揮できるよう
現場を一つにまとめる。

現業部 大阪港化学品センター
大野 善充
丸一に就職して良かったことは?
職業訓練学校で取得したフォークリフトの免許を使ってコンテナへの貨物積載が最初の仕事でした。人が扱っているのを見ると簡単そうに見えるのですが、これが意外と慣れるまでは大変でした。今では自分の性に合っていると実感していますが。ミスをしても周りがきちんとフォローしてくれる。皆が頑張っているところをきちんとみていて認めてくれる。そこが丸一海運の良いところです。
仕事のやりがい・面白みは?
現場がスムーズに動いていると、皆が働きやすく感じて喜んでくれているようです。事前に準備していたことが活かされて良かった、と思う瞬間です。安全や品質等のとても重要な話がきちんと伝わり、皆が理解しそれぞれのペースで成長していく姿を見ると嬉しいし、良かったと思います。現在は監督代行として、現場を任されていますが、皆それぞれ個性があり、技術を身に付ける速度もそれぞれです。一人一人が力を発揮できるよう現場を一つにまとめるのは大変な時もありますが、やりがいを感じています。
INTERVIEW

危険物物流のエキスパートという
プライドを持って取り組む。

国際物流部 大阪港化学品センター
保田 一樹
丸一に就職して良かったことは?
職場は温厚な人が多いです。現場に入って2年経ち、わからないことも多いですが、不思議に思うこと疑問に思うことも、とても聞きやすいです。上司や先輩方はどんなに忙しそうでも後回しにせず、ちゃんと応えてくれます。仕事中はスタッフ同士で意見交換をしたり、コミュニケーションをとることが多いため、仕事上の質問もしやすく働きやすい環境であると思います。また、丸一海運は、危険物物流のエキスパートという点でプライドを持ち仕事に取組めるのも魅力です。
仕事のやりがい・面白みは?
製品の在庫管理やその製品の出庫に携われる点です。また当倉庫は保税蔵置場を備えていることもあり、海外貨物が多く保管されており、入社前に抱いていた「海外と日本を繋ぐ」役割に微力ながら協力していると思うとやりがいになります。また、危険物品の保管方法、輸送方法、荷役方法などの知識がつくことも、当事業所ならではのことだと思います。